スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年に1度のお楽しみ。ようやく咲いた、バラのアーチ!

わが家の主庭に出る小路には、バラのアーチがかかっているのですが、1年に1度だけバラが花を咲かせます。
返り咲きの品種なのですが、秋に数個ぽつぽつと咲くくらいです。

ピエール・ドゥ・ロンサールのアーチ

■ピエール・ドゥ・ロンサール Pierre de Ronsard
系統: クライミング / LCl
作出: 1987年 M.L. Meilland フランス
現在の樹高と株張り: H240cm×W140cm
現在の花径: 10cm
仕立て: アーチ
香り: 中香
咲き方: 返り咲き

外側は白色、中がピンク色のカップ咲きの花は、誰にでも愛される花。
バラを作っているお庭でも、よく見かける品種です。
まだバラの事をよく知らなかった頃から「いつかロンサールのアーチを…」と夢見ていたのですが、とにかく剛健で曲げにくく、枝の扱いが難しいバラ。
両方から1株づつ、2株で作りました。
新しいシュートが出ると、晩秋まではぴんと上に伸ばしておくのですが、冬になると徐々に曲げてアーチに誘引します。

それにしても、わが家でたった1つのアーチなので、四季咲きのバラを誘引するべきでしたが、咲いた時はやっぱり嬉しい
1ヵ月ももたない風景ですが…




Sさんからいただいたバラ

昨日、Sさんのお庭から切っていただいたバラは、リビングのテーブルに飾っておきましたが、今日は庭に出して香りを楽しみます。
大輪の豪華なHTバラは、本当に見事。
庭しごとが済んだら、また部屋へ持って帰りましょう。





にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

・FC2 Blog★Ranking
・にほんブログ村[ ガーデニング ]
[ KiKiの小さな庭と山の四季 ]も登録しています


スポンサーサイト

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

愛情いっぱい!ご近所さんの小さなバラ園

陽が傾きかけた頃、PCをしていると玄関のチャイムが鳴り、数件先に住むSさんがお見えになりました。
「もしいらっしゃったら、バラがきれいに咲きましたので切って差し上げようと思いまして
とSさん。

Sさんは、HTを主にしたバラの咲く庭づくりを楽しまれています。
また、ご夫婦で国内から海外の山まで登られている登山家。
バラの他に、ニッコウキスゲや富士桜など、山に自生する花々も育てられていて、いつも花や山の話で盛り上がります。

つる クリムゾングローリー

■つるクリムゾングローリー Crimson Glory Climing
系統: クライミングローズ / ClHT
作出: 1946年 Jackson & Perkins アメリカ
現在の樹高と株張り: H-cm×W-
現在の花径: 8cm~10cm
仕立て: フェンス
香り: 強香
咲き方: 返り咲き

庭の南側に手作りのフェンスを作り、見事に誘引されたバラ。
小さな小路に面しているので、散歩やランニングで通る方々にもファンの多い、とても素晴らしいバラのお庭です。
顔を近付けると、とても強い芳香…


クリムゾングローリーの花

花は、名前の通りのクリムゾン色
真っ赤では無く、多少紫がかったような色は気高さを感じます。

Sさんは、この「つるクリムゾン・グローリ」の他に、HTのクリムゾン・グローリーも育てていらっしゃいます。




プリンセスミチコ

■プリンセス・ミチコ Princess Michiko
系統: フロリバンダ /
作出: 1966年 A.Dickson イギリス
現在の樹高と株張り: H-cm×W-
現在の花径: 5cm
仕立て: 木立ち
香り: 中香
咲き方: 四季咲き

鮮やかな朱色に輝くこのバラは、当時皇太子妃だった皇后美智子様に献呈されたバラ。
小柄でおだやかに波打ち、まるく優しい花形。




ブルーパフューム

■ブルー・パフューム Blue Parfum
系統: ハイブリッドティー / HT
作出: 1978年 Math.ⅡTantau ドイツ
現在の樹高と株張り: H-cm×W-cm
現在の花径: 10cm
仕立て: 木立ち
香り: 強香
咲き方: 四季咲き

青バラは強香のバラが多いように思いますが、このブルー・パフュームは香水のようなバラらしい香り。
若干赤味を含む豪華な花で、Sさんも特にお気に入りのよう。




ピエール・ドゥ・ロンサール

■ピエール・ドゥ・ロンサール Pierre de Ronsard
系統: クライミング / LCl
作出: 1987年 M.L. Meilland フランス
現在の樹高と株張り: H-cm×W-cm
現在の花径: 5cm~9cm
仕立て: フェンス
香り: 中香
咲き方: 返り咲き

剛健でなかなか誘引しにくいロンサールの枝を、細かく誘引してある不思議なスクリーン。
わが家では、アーチに仕立てるのにも枝を曲げるのに大変なバラなのですが…
これは、共通の知人、ご近所のIさんから枝でもらったものを挿し木で育てたものなのだそう。
バラの挿し木はなかなか難しいものですが、こんなにたくさんの花が咲いています!
バラを知り尽くしたベテランだからこそ成せる技なのだなぁとつくづく感心します。




Sさんのバラの庭

Sさんは、玄関や花台にも鉢で沢山のバラを育てていらっしゃいますが、メインのバラは庭の中央に植え、周囲をぐるりと周れるようにレンガが敷いてあります。

そして、地面を這うパイプは…
山行やご旅行の時にも、安心して出掛けられるよう、ご主人がタイマーと連動して手作りした、自動水やり器!!
驚きの設備までコツコツ手作りした、驚きの仕掛けからは、バラへの愛情をつくづくと感じさせられます。

ひととおりバラを見ているうちに、奥様がクリムゾングローリーの花をいくつか切ってくださいました。
そして、ブルーパフュームの花も一輪添えて。

「開いてしまったバラばかりで申し訳無いわね…これはどうかしら?小さいから一輪挿しにしてトイレにでも置いてはいかがでしょう?」
「手を切るといけないから、棘もとっておきましょうね。」

滑らかに話される上品な言葉…
いつかバラの咲く庭にふさわしい、上品な女性になりたいなぁと溜息が出てしまいます。
パン屋さんの包装紙に包んでいただき、見事なバラの花束ができあがりました!

バラの話も山の話も尽きません。
もう夕暮れになってしまいました。
楽しい時間はあっという間。
さぁ、家へ帰りましょう

また来年の5月が楽しみです。





にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

・FC2 Blog★Ranking
・にほんブログ村[ ガーデニング ]
[ KiKiの小さな庭と山の四季 ]も登録しています


テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

待っていてくれた花達

長野の旅で5日間家をあけていたのですが
出発の日、蕾だったシャンテ・ロゼ・ミサトや、ロニセラ・ヘクロッティは満開で迎えてくれました。


シャンテ・ロゼ・ミサト

■ Chant rose Misato シャンテ ロゼ ミサト
系統: HT(フレンチローズ)
作出: 2004年 フランス Georges Delbard
現在の樹高と株張り: H140cm
現在の花径: 12cm
仕立て: ブッシュ
香り: 強香
咲き方: 四季咲き

大きなカップ咲き、おおらかな丸弁。
花のよさだけでは無く、とても強健で強香。
第7回岐阜国際ローズコンテストでベストフレグランス賞を受賞している、香りの良いバラです。
名前の由来は、「バラの貴公子」として知られる大野耕生さんがフランスのデルバール社にリクエスし、歌手の渡辺美里さんに捧げたことから。





デンタータラベンダー

■デンタータラベンダー フリンジドラベンダー
系統: デンタータ系
樹高と株張り:
学名:Lavandula dentata
分類:シソ科ラヴァンデュラ属

主庭へ入るアーチの手前に植えてあるデンタータ系ラベンダー。
穂の先に、清楚なリボンのような花をつけます。
葉にギザギザの切れ込みがあるのが特徴。
真冬を除けば、一年中咲いてくれる頼もしいラベンダー。
バッサリ剪定しても大丈夫!





ヘクロッティ

■ロニセラ ヘクロッティー heckrottii,ハニーサックル ヘクロッティー
現在の樹高:H190cm
学名: Lonicera x heckrottii
分類: スイカズラ科スイカズラ属
現在の花径: つぼみ
仕立て: フェンス

驚くほど成長が速い、ロニセラ。
この花は、一度咲きはじめると年の暮れまで花を絶やさず咲いてくれます。
花が開くと、反り返ってクリーム色の内側を見せてくれますが
つぼみは濃いピンク色。
開花した姿もきれいですが、つぼみの美しさを観賞するのもまたよいものです。





にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

・FC2 Blog★Ranking
・にほんブログ村[ ガーデニング ]
[ KiKiの小さな庭と山の四季 ]も登録しています



テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

バラとパスタと~ジャルデイーノ伊太利亭

千葉に戻って来て1日目。
昨日は帰って来てから信州土産のお蕎麦を渡しに行ったのですが、近所のAさんからランチのお誘い。

今回の旅の道中は、あまり動かないのにかなり高カロリーな食生活をしてしまった為、大丈夫かなぁ…とふと頭によぎったのですが、Aさんとは6軒先に住んでいながらこのところ一緒に出掛けることが無かったため、久しぶりにランチをすることに。

さぁどうする?
Aさんもわたしも、優柔不断なため、いつもお店選びには困ります。
「誰か、ビシッ!と決めてくれる人がいるといいんだけどね

そうだ、バラも良い季節だし、Aさんには小さな子どもがいるので「ジャルディーノ伊太利亭」にしようか??
Aさんも、わたしも、このお店に訪れたことがあるのですが、お互い最近行っていません。

…というわけで、バラの咲くテラスのあるこちらのお店へ。

ジャルディーノ 伊太利亭

■ジャルディーノ・伊太利亭
ジャンル: イタリアン
住所: 千葉県野田市山崎1191-2
電話番号: 04-7125-8209
駐車場: 有

オリーブの木の下にはバラ!
良い季節です


店内の様子

店内は、カウンター席、ホール席、テラス席が2エリア、天候や好みに応じて選べます。
内装がとても素敵なのですが、他のお客様で満席状態なので、入口からカウンター席をパチリ。


テラス席

テラス空席になっていたのは、太陽の光を燦々と浴びていたこちらの席。
赤いゼラニウムと、赤いバラに囲まれた、赤の席。
アジアン家具を取り入れた、リゾートレストランのよう。

わたしは、旅から帰って来てひと息つき
携帯の電源は落ちたまま、お財布もどこかへ行ってしまい、遅刻で登場
Aさんは、パラソルのあるテラス席をとって待っていてくれました。


バラの花

葉まで青々としていて、よく手入れの行き届いたバラ。
テラスの中には、いくつかのアーチもあります。


前菜

頼んだものは、パスタランチと、ケーキセット。
前菜はワンプレートで。
サラダと、ひんやりとしたサーモンのカルパッチョ、冷製スープはパンプキンかと思ったのですが、トマト味も含まれたはじめての味。
Aさんは、お寿司等の「生魚が食べられない」ので「これ、食べてもらえる?」
カルパッチョをもう1人前いただきました


パスタ

わたしが注文したパスタ。
お喋りに花が咲き、注文したものを忘れてしまいました
生ハムとチーズの、トマトソースのパスタ。
細麺で、わりと柔らかめ。
よく伸びるチーズを絡めて食べるのは新鮮な味わい。


紅茶とデザート

別に頼んだデザートセット。
紅茶がついています。
Aさんにはチーズケーキ、わたしにはフルーツタルトが運ばれて来ました。
グラスに入ったゼリーは、サイダーの炭酸が効いた爽やかなゼリー。
少しづつ盛られたスイーツのプレートは、いつ見てもワクワクします


個性的なバラ

このレストランのお庭には、メダカのいるビオトープや、野菜を育てているキッチンガーデン、そして大部分がバラで埋め尽くされています。
手入れの行き届いたバラの花の組み合わせは様々。
シックなピンク系のバラと、落ち着いた黄色いバラを組み合わせたエリア。
なかなか素人には真似ができませんね。


エゴノキ

■エゴノキ
学名: Styrax japonica
分類: エゴノキ科エゴノキ属

庭の外側には、白いベル状の花を可憐に咲かせる、エゴノキ。
Aさんは自宅の庭に、栃木の実家の木から挿し木して増やしたピンク色のエゴノキを植えています。
里山でもよく見られる雑木のエゴノキですが
素敵なガーデンにもよく似合います。





にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

・FC2 Blog★Ranking
・にほんブログ村[ ガーデニング ]
[ KiKiの小さな庭と山の四季 ]も登録しています


テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

山旅からの帰り~新宿で見つけた屋上の英国式庭園

信州・甲州の「花と山の旅」5日目。
昨日から中央道集中工事が始まったので、今日は朝早く出発することにしました。

上諏訪のバス停に高速バスが到着しましたが、運転手さんによると「昨日は3時間遅れでした」とのこと。
新宿まで通常3時間…6時間の乗車か…。
「特急あずさ」で帰ろうか…とふと頭によぎりましたが、特別急ぐ用事も無いので、のんびり寝て帰ろうと思い、乗車。

その後のバス停でも、ビジネスマンらしき方が乗車せずに後にしたりしていました。


帰りのバス

山梨県の双葉SAで休憩。
あいにくの曇り空で、楽しみにしていた山の眺望は得られないので、お昼ご飯やお菓子を買いにSA内へ。
この大きな高速バスは、結局3名の乗客で新宿を目指します。


上高地散策マップ

このバスは、座席指定制ですが、運転手さんが「どうぞ、広々と使ってください」と仰ったので、好きな席へ移動。
リクライニングして2座席を1人で使わせてもらうことに。

双葉SAの中で買い物をすると、目が覚めてしまったので、上高地で買って来た「上高地散策マップ」を広げてみます。
【日本アルプス 上高地】Bird's View
西穂高岳から燕岳までの峰々が絵に描かれています。
そして、ぐるりと囲む梓川。
きれいだったなぁ…

とんどん遠ざかって行く山々…ひとつの峰にも登らず後にすることが、とても残念でなりません。
「テントにアイゼン、ピッケル。持って来れば良かった!!!」
上高地で聳える山々を見上げた時よりも熱い感情が走ります。
出発前日まで、テントを担いで涸沢まで上がる予定だったのに、どうして持って来なかったのでしょうか…。
今になって悔やんでも仕方が無いのですが。

でも、震災後、無気力だったわたしの体にようやく血がめぐってきたような気がしました。
新宿に着いたら、そのまま長野までUターンしたい…
それでも、道具が無いことにはどうしようもありません。

心配していた渋滞は、八王子から始まりました。
ここまで来れば、新宿まではそう遠くはありません。
一安心すると、ようやく眠りにつきました。

目を覚ますと、もうバスは到着間近!
急いで荷物を整理して、外へ出ます。
定刻より45分遅れ。
結局4時間弱の乗車で済みました。


新宿エルタワー

見上げると、聳える超高層ビル群と小さな空…

今日は渋谷に寄らなくても良いので、新宿アルタと、新宿マルイ本館でお買いもの。
新宿マルイ本館は駅から少し離れていて、新しくなってからは行っていなかったので、楽しみです。

1階でアクセサリーを見てから、ひと休みする為、フロアガイドを見てみると、屋上には「Q-CORT」という屋上庭園があるようなので、早速見に行ってみたのですが…


アーチ

何と…英国式庭園でした。
日曜日に蓼科高原バラクライングリッシュガーデンを見た後、新宿でもう一度英国式庭園に出会えるとは!!
屋上庭園と言えば、日本橋三越本店の屋上にある「チェルシーガーデン」が有名ですが、このマルイ屋上の「Q-CORT」は知りませんでした。

アーチの両脇には、バラの花が。
まだ幼苗のようです。
新しくできたガーデンなのでしょうか?


ベンチ

ラベンダーやクリスマスローズに囲まれた白いベンチ…


屋上の小路
屋上の小路は、新宿のビルの屋上であることが不思議になって来るほどの風景。
先へ進むと小さな小屋が現れそうです。


満開のバラ

蓼科高原は、まだチューリップが咲き始めたばかりでしたが、新宿ではバラが満開に!!
わたしの庭のバラもつぼみがいっぱいでしたから、きっと帰ったらバラが迎えてくれることでしょう。


整形庭園

奥にはツゲとコニファーのトピアリーが織り成す、本格的な整形庭園がありました。
とても手入れの行き届いた、美しい文様。
あるがままの自然の庭はとても魅力的ですが、このような整形庭園の歴史は、古代ローマ時代までさかのぼると言われています。


ツキヌキニンドウ

■ツキヌキニンドウ  突抜忍冬
学名: Lonicera sempervirens
分類: スイカズラ科スイカズラ属

わたしの大好きな花、ツキヌキニンドウ。
花の上にぼやけて写っていますが、まるい葉の真ん中から突き抜けるようにして花が咲くので「ツキヌキニンドウ」という名前がついています。
フェンスに這わせるつる性植物、このツキヌキニンドウと、ロニセラ・ハニーサックルと、どちらにしようか長い時間迷いましたが、結局ハニーサックルにしました。
こうして見ると、ツキヌキニンドウもとても良い花です。


バラとNTTドコモ代々木ビル

遠くから、雷鳴が聞こえて来ました。
これからは雨の予報。

バラの向こうに見えるのは、特徴的なNTTドコモ代々木ビル。
下からは、街を行く車や電車の音、救急車のサイレン
ビル屋上の、換気の轟音…

昨日まで、大自然に囲まれて数日を過ごしたので違和感を感じますが、首都圏に戻って来た安堵の気持ちも。
バスの中で感じた山を離れる淋しさと情熱も、少しおさまって来ました。
今度は、テントと登山道具を持って行きましょう。


伊勢丹新宿店

1Fまで降りて来ると、目の前には伊勢丹新宿店。
高度成長が始まる前、まだエスカレーターが珍しかった時代から建っているというこの建物。
ピカピカに光る超高層ビルがひしめき合う新宿にも、まだこのような風景も残っています。

あ、雨が降って来ました!!
さぁ、急いで家へ帰りましょう。


雨のホーム

座席に座り、重い荷物をよいしょ!と前へ置くと「どこ行って来たの?また山?」と呼びかける聞きなれた声。
3軒先に住む、Mさんのご主人でした。
それにしてもこんな都内で…
思わぬ偶然。

Mさんのご主人は、先日雲取山へ行って来たとのこと。
若い頃から山に親しみ、アルプスの3,000M峰は残すところ塩見岳peak3,047M一座のみ。
今年はその塩見岳に登るため、トレーニングをしに雲取山にソロで行って来たのだとか。
「40年くらい前に行ったきりだけど、雲取山ってあんな山だったっけ」と話すご主人。
いつも、休日は早朝からランをされています。

去年ご一緒した尾瀬の話、わたしのこれからの目標などを話していると、昔の山旅事情も話してくださいました。
今でこそ、都内で会社を営む博学なご主人ですが、昔は貧乏旅もよくしたとのこと。
「今はずいぶん便利になったけれど、夜行電車の通路に新聞紙を敷いて寝たりしたよ。」
という話を聞くと、キャリアに積んだ大きな山道具が少し恥ずかしくなりました。

わたしは「穂高」や「槍」と言った名峰にはまだ登ったことがありません。
「あそこに登ってしまったら、もう他に登る気がしなくなるのでは?」
という遠慮や「いつも遠くから槍や穂高を眺めながら、憧れを持ち続けたい」
という気持ちがあるのですが
ご主人は以前から「遠慮しないで、登れる時に登ったらいいよ」と仰っていました。

穂高か…

誰もが憧れる槍・穂高連峰。
そろそろ行く時期が来たのでしょうか。

「今日はタクシーだから、一緒に乗せてくよ。」とご主人。
その手には、透明なビニール傘がありました。





にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

・FC2 Blog★Ranking
・にほんブログ村[ ガーデニング ]
[ KiKiの小さな庭と山の四季 ]も登録しています


テーマ : 東京(東京、新宿、銀座、渋谷、池袋、上野、品川など)の駅周辺情報
ジャンル : 地域情報

Profile

KiKi

Author:KiKi

* 千葉県(北西部)在住

* 9月生まれ

* 育ったところ
 東京都 (品川区)
 北海道 (登別市・札幌市)

* 行ってみたいところ
 エベレスト街道 (Nepal)
 コッツウォルズ (England)

*はじめて登った山
 オロフレ山1,230M (北海道)
 (小学生の頃、家族で)

*好きな山
 冬の八ヶ岳

*好きな食べ物
 アジアごはん
 ・インドカレー
 ・ビリヤニ
 ・ナシゴレン
 ・ジンギスカン
 ・お寿司
・らーめん

*好きな飲み物
 ・中国茶 (特に青茶が好き)
 ・チャイ
 ・マンゴーラッシー

Photo: Primula auricula
2009/5/4 自宅
16世紀頃からイギリスで交配された歴史を持つ
プリムラの園芸種。
原種はアルプスの高山植物




Welcome!!!

千葉県のとある小さな庭で、バラと宿根草、ハーブの咲くイングリッシュガーデンを作っています。

ふだんは1人でいる時間の方が多いのですが

たまに山登りをしたり
キャンプをしたり
自然と共に過ごす時間を愉しんでいます。




コメント大歓迎です♪
初めて来られた方もお気軽に。
楽しみにしています^^

My Goods & Books
Blog Ranking
人気のBlogを検索しますか?


FC2 BLOGから探す

clickするとランダムで
『ガーデニング』or『登山・キャンプ』
のランキングが表示されます




にほんブログ村から探す
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


Link
RSSリンクの表示
QRcode
QR
Category
検索フォーム
過去の記事を検索しますか?
blog内検索
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
グリムスを育てています
大人の木になったら 実際の森へ植樹されるとのこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。